【サンタが来ない理由】直接、親からプレゼント!どうやって説明する?

あなたは小さい頃サンタさんを信じていましたか?

私は小学生3年生までサンタさんが自分の家にも来ていると信じていました。12月25日の朝はまだ暗いうちから起きて兄弟でプレゼントを見せ合い大喜びしていました。

しかし、うちに本物のサンタさんが来ていなかったと知った日はとてもショックで、大人になった今でも知った時の情景を鮮明に覚えています。クリスマスに貰うプレゼントは、子どもにとって何より記憶に残りやすいものです。

子供にとっても特別な日ですが、親にとっても特別な日です。何を渡すか?から、どうやって渡すか?まで悩みは尽きません。

Q.あなたは子供に、クリスマスプレゼントをどのように渡しますか?

・サンタさんとしてプレゼントを渡す
・親とサンタさん両方からプレゼントを渡す
・親からプレゼントを渡す

今回は「親からプレゼントを渡す」と決めた親御さんのために、子供の夢を壊さない、クリスマスに親としてプレゼントを渡す方法を考えていきます^^

サンタとしてプレゼントを上げた方がいいの?親からじゃだめなの?


クリスマスの時期が近付くと幼稚園、保育所、小学校などでサンタさんの絵本を読んだりお友達同士でサンタさんのお話をしたり、先生からサンタさんのお話を聞くこともあるでしょう。

そうすると子供たちは自分のところにもサンタさんが来るかな?とワクワクしながらクリスマスを心待ちにしています。

子供たちの喜ぶ姿を想像するとサンタさんとしてプレゼントを上げた方が喜びが倍増しそうです。しかし、実際にサンタさんは親や身近な人の変装だったと知ると子供は深く傷つく可能性があります。

だったら最初からサンタさんはうちには来ないので親からプレゼントを渡すようにするべきか迷いますよね。

私の経験から言わせていただくと、サンタさんがプレゼントをくれたと思っていた時間はとても幸せだったのでサンタさんがいると信じていてよかったと思っています。

サンタさんがうちに来ていなかったと知った時はショックも大きかったですが、それ以上にサンタさんを信じていた時のクリスマスの方が楽しみで楽しみで仕方なかったです。

一方で私の友人は、かなり早い段階で「サンタはお父さんとお母さんだ」と気づいていたそうです。

幼稚園の頃には既に気づいていたけれど、プレゼントが欲しいから親の前では知らないふりをしていた。親も自分が気づいていることを察しているようだったけど、直接は聞いてこなかった。

なのでクリスマスの時期が近付くと、なんだか家に「白々しい空気」が流れていたそうです。笑

こういった話を聞くと、最初からサンタからではなく親からでもいいのかな?と思いますよね。

でもやはり4歳くらいまでは本当に信じている子が多いので、親からプレゼントを渡すなら自分の家にサンタさんが来ない理由はきちんと説明しましょう。

なぜなら、友達同士でクリスマスの話題になった時、周りはサンタさんが来ているのに自分の家にだけ来ないと知った時、子供は理由がわからずショックを受けるからです。

サンタが来ない理由!子供に上手く伝えよう!

スポンサーリンク



もしサンタさんとしてではなく、親からプレゼントを渡す場合は

「サンタさんはいるんだけど、世界には子供たちがたくさんいて1日ではプレゼントを届けられないから私たちが代わりに預かってきたんだよ」

という説明が夢を壊さずに子供にもわかりやすいので個人的には一番好きです。

プレゼントを渡さないという家庭であれば

「プレゼントは目に見えるものだけではないんだよ。
例えばママと○○(子供の名前)が毎日笑顔で楽しく暮らせているのも、サンタさんのおかげ。これもサンタさんからのプレゼントだよ」

というのはいかがでしょう?

もう一つおすすめなのは「サンタメール」を使う事です。

サンタさんからは手紙をもらって、親からは

「遠いところに住んでいる忙しいサンタの代わりに、パパとママがプレゼントを買ってあげるからね。サンタさんに頼まれたんだよ。」

と説明すると子どもの夢を壊さずに、クリスマスを楽しむことが出来ますよ^^

サンタメールはフィンランドのサンタクロース村から実際に送られてくる、正真正銘「本物のサンタクロースからの手紙」です。

詳しく知りたい人はこちらの公式サイトをどうぞ^^
サンタクロースからの手紙

まとめ

そもそもクリスマスは「プレゼントを渡す日」ではなく、イエス・キリストの生誕を祝う日です。

ですが「サンタクロースからプレゼントがもらえる日」として、子供たちが楽しみにしている日でもあります。日本では生誕を祝うというよりも、恋人や子供にプレゼントを渡してケーキを食べるイベントとして定着しています。

親がサンタとして子供にプレゼントを渡す家庭が多いですが、直接親から子供にプレゼントを渡す家庭もあります。

どちらを選んでも正解はありません。

サンタとしてプレゼントを渡せば、子供のワクワクとした思い出を増やしてあげることができます。ですが必ずサンタの正体がバレる時がやってきます。勘のいい子は入学前に気づきますので(;^^

最初から親としてプレゼントを渡せば、わくわく感はないかもしれませんが、親から愛情たっぷりのプレゼントを渡すことが出来ます。子供も素直に「パパ、ママありがとう!」と言える日になります。

結局はどちらを選んだとしても、「どう過ごすのか?」が一番大切です。

ただサンタからではなく、親から渡す派の家庭で気をつけるべきことは

・なぜサンタが来ないのか?
・なぜ親からプレゼントを渡すのか?
・なぜお友達はサンタからプレゼントをもらっているのか?

この疑問に対して、しっかりと家庭で子供を傷つけない素敵な言葉を用意しておくことです。

まだ小さいお子さんがいる家庭ならなおのこと、子供の夢を壊さずに家族みんな仲良く過ごせる一日にしてくださいね。