【リコーダーの練習】音を小さくするには?子供にどうやって伝える?

リコーダーの練習と言って、学校からリコーダーを持って帰ってきて、嬉しそうに練習する子供…。

親としては子供が一生懸命練習しているのを見ると、やっぱり練習させてあげたいですよね。

でも、近所迷惑になるのでは?と心配する気持ちもわかります。

どうすればいいのかご紹介していきますね。

「うるさい」はやめよう!音楽を楽む心をはぐくんであげよう!

うるさいと頭ごなしに言われてしまうと、子供は萎縮してしまいます。

その結果、リコーダー弾いても良いことがないと思うようになり、

舞子はん

音楽なんてしない!

となってしまうんです。

そのため、頭ごなしにうるさいというのは辞めておきましょう。

子供も説明すれば分かってくれるので、優しく言ってあげてくださいね。

家で練習するときのルールを決めよう!

スポンサーリンク


強く吹かない

リコーダーって強く吹くとおおきな音が出ますよね。

そのため、強く吹かないように子供にも教えましょう。

なるべく優しく吹こうね。と優しく言ってあげてください。

ママ

優しく拭いたら綺麗な音がでるよ♪

時間を決める

リコーダーを吹いてもいい時間を決めましょう。

朝はまだ寝ている人がいるから、夜ははやく寝ちゃう人もいるから。

そんな理由で吹く時間を伝えてあげるといいですね。

大体、朝は10時から吹きはじめて、夜は6時や7時頃を目安にやめるといいと思います。

ただ、こういうのってマンションやアパートだったら、マニュアルや規約に「演奏は何時から何時までにしてください」と書いてあると思うのでそちらを確認してください。

ママ

夕方になったら練習は終わろうね

指だけで練習する

息を吹きかけずに、指だけで練習するのはどうでしょうか。

すると、うるさくないですし、指使いは練習できるので無駄な練習にはならないと思います。

ママ

ちゃんと穴を全部ふさげているかな?

なんでルールを決めるのか聞かれたら

子供って「なんで?なんで?」と大人を質問攻めにして困らせますよね。

そんなときには

「リコーダーの音ってね、持っているよりも響くんだよ。

だから、隣の人が寝たりリラックスしているときに、リコーダーの大きな音で起こしちゃうとかわいそうでしょ?

だから時間はこの時間に弾くようにすると、そんなことがないの。」

などと教えてあげてください。

優しく教えてあければ、子供はわかってくれます。

舞子はん

お隣さんの迷惑にならないように、ちゃんとお昼の間に練習するよ!

まとめ

リコーダーの音って思っているよりも響きますし、近所迷惑が心配になってしまいますよね。

ても、頭ごなしに子供にも「うるさい!」とは言わないでくださいね。

子供が萎縮してしまいます。

優しく教えてあげて、家でリコーダーを吹くときにはルールを作って守ってもらうようにしましょう。