ずっと同じコントローラを使い続けていると

  • スティックやボタンの感度が悪くなる
  • ボタンが反応しなくなってしまう

など、さまざまな問題が発生します。

いざゲームをしようと電源をつけたらコントローラーが動かないなんて、一気にゲームへのやる気がなくなってしまいますよね。

今回はコントローラートラブルの解決方法、修理などについてご紹介させていただきます。

ps4 コントローラーが壊れた!?こんな症状と特徴の時は修理に出そう!

PS4のコントローラーを使っていて壊れたかもしれないというタイミングはたまにやってきます。ですが自分で簡単に回線できるトラブルの方が割と多いです。

コントローラーと本体の接続が続かない、操作ができない、勝手に動いてしまう、充電できないそんな時は壊れたと慌てずに落ち着いてどこに不具合が生じているのか調べてみましょう。

壊れたかなと思ったらやってみた方がいいこと

  1. 本体再起動後、コントローラーと本体のペアリングが正しく行われているか確認。正しくペアリング行われていればライトバーが1台目青、2台目赤、3台目緑、4台目ピンクに点灯します。
  2. USB端子を別の場所にさしてペアリング
  3. それでも改善がない場合、コントローラー裏のリセットボタンを押す

この作業をすると大体は治ります。

治らない場合は修理と考えましょう。

たまに自分でコントローラーを分解して修理するひともいるようですが、知識がないと成功率も落ちます。

自分で分解すると違法改造とメーカーに判断される場合もあり、そうなると保証期間内であっても保証の対象とされない可能性があります。

自身での分解修理は、修理に自信がある人のみ自己責任でするようにしましょう。

ps4 コントローラーの修理代と無料の保証期間は?どれくらいで治る?

PS4の保証は購入から1年間です。その期間内に取扱説明書に記載されている正常な使用環境で故障した場合は無料で修理、交換をしてくれます。

また有償修理の場合は郵送での修理、交換となり5000〜16000円。期間が約1週間から2週間ほどです。

修理の値段は修理や交換箇所によって値段が変わるようです。

SONYで行なっている修理以外に大型の電気屋さんやゲームショップでも修理をしているところもあり、場合によっては即日で修理されて元に帰ってくることもあります。

電気屋さんなどに修理を依頼する場合は事前に修理期間や値段など確認しておいた方が良いでしょう。