お年玉のお礼は電話?メール?【私が実際に送ったお礼の例文】

お正月と言えば、お年玉!!!をもらえる年齢もかなり過ぎました、、。

今では自分の子供がお年玉をもらうように。

子供が小さいときは親の私に渡されることが多かったのですが、最近は子供が直接もらうことが増えました。

そんなとき後からお礼のメールや電話をするのですが、毎回悩む!!!

なんてメールしたら失礼にならないの!?

今回は私が実際に悩んで「あれでもない、これでもない、よっしゃこれだあああ!(∩´∀`)∩」

と思った親として鉄板のお礼メールと電話の仕方をご紹介します。

【お年玉のお礼】最低限のマナーは守ろう!

スポンサーリンク



子供がお年玉をもらったその場に私も一緒にいれば、すぐにお礼を伝えることもできますが、そうでない場合は電話やメールでお礼を伝えることになります。

ただ「ありがとうございました」と伝えるだけでいいのかな?

マナーがなっていないとか思われないかな?と不安になりますよね。

そこで、マナー違反にならないお礼の仕方を紹介します。

とにかく早くお礼する

まず、子供がお年玉をいただいたら、なるべく早めにお礼を伝えましょう。

早ければ早い方が良いですね。遅くても24時間以内にお礼をするのがマナーです。

お年玉って結構な出費なので、ちゃんとお礼を言ってもらえると本当に嬉しい!

逆にお礼がないと、悲しい。もう渡したくないわーってなるので、とにかく気づいたらすぐにお礼しましょう!

出来ればメールよりも電話

とくに年配のかたへのお礼は、メールよりも電話の方が良いです。これは私もお年玉を渡す立場だからこそ、言えます。

昔ながらのしきたりもありますし、なぜ直接お礼を言わないの!?と怒らせてしまう可能性もあります。

こちらがすぐにお礼のメールを送っても見ていない可能性も考えられます。

また、お年玉をもらったのは子供なのでお礼をもらった際は

「子供がとても喜んで帰ってきました。」と伝えると相手もさらに喜んでくれることでしょう。

遠方に住んでいて直接会えないので、送ってくれたという場合もあるでしょう。
その時は、子供にも直接お礼を言わせるようにしましょう。

でも・・電話じゃなくて、メールでお礼がしたい!もしくはメールしか無理なんだ!そんな時もあります。

声で気持ちを伝えられない分、メールは特に気合を入れて作成しましょう!

どんな内容をメールすればいいか分からない・・という人は、私が良く使っているメールのテンプレを参考にしてみてくださいね^^

お年玉のお礼メールの書き方!

忙しい相手の場合、電話に出ないときもあります。そんなときは、私は以下のようなメールを送っています。

メールの例文

〇〇さん
新年あけましておめでとうございます。(年始のご挨拶から始めます)
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。○○(子供の名前)がお年玉をいただき、本当にありがとうございました。
○○はとても喜んで、学校で使うノートを買うんだ!と話していました。

笑顔の〇〇をみれて、私もとても幸せです。

また○○の写真を送らせていただきますね。

シンプルに、感謝を伝える!

これが大事!

一通メールを送ると、相手からの返信がくるので、その反応をみながら会話を広げたり、終わらせたり・・。

あまり最初から長々と送っても相手も返信に困るので、これくらいが調度いいと思います^^

お礼のメールを書く時のポイント

  • お礼は24時間以内に行うこと
  • お年玉をもらったのは子供なので、子供の様子も伝える
  • 遠方に住んでいて、子供の様子を中々みせられない時は写真や動画を添付する

普段、なかなか会えない相手にメールを送るとなると内容に迷いますよね。

ありがとうという素直な気持ちが伝わるように、自分の言葉にアレンジしてメールを作ってみてくださいね~。

お礼は気持ちが大事だよ~!