節分って年の数以上の豆を食べても良いの?知っておきたい豆知識!

節分の日に豆をいくつ食べていますか?

我が家では、年の数食べる様に昔から教えられていたので、子供にもそうさせています。

ですがまだ5歳の息子は、たった5粒食べた位では物足りないようです(^_^;)

そこで今回は「節分の日に、年の数以上の豆を食べてもいいのか?」を徹底的に調べていきたいと思います!

そもそもなぜ年の数だけなのか?

もっとたくさん食べたいけど、縁起が悪かったりしないかな?

と些細な疑問ですが、節分に関する豆知識をガッツリ調査していきます!

節分の日に、自分の年の数以上の豆を、安心してたくさん食べたい方、必見です^^

節分の豆の食べ方!いくつ食べるのが正解?

スポンサーリンク



節分の時に食べる豆は一体いくつ食べるのが正しいのか?

我が家は、子供と一緒にに年の数食べて、その年の健康と家内安全を願うようにしています。

調べてみると、

  • 自分の年の数食べる人
  • 自分の年の数プラス1つ食べる人

と二通りいるようです。

どちらでも正しいようです。

要は、「年の数だけ豆を食べていくことで、体の中にも福を呼び込む」と、いうことのようです。

そして、一年の健康を願うとのこと。

ちなみに、1個多く食べるというのは来年も元気でいられますようにと、言う意味のようです。

ところで、よく考えると豆まきが始まった時代の日本は、年齢を数え年で表す時代でした。

現在でいうと、満年齢プラス1歳ですね!

現在の年齢の数え方で、年の数を食べるのは満年齢になりますね。

また、来年の為にもう1個食べるのは、満年齢に1個足した分。

それは、数え年ということになりますね。

今も、数え年の習慣が残っているところもあるようですが、満年齢で食べるのが間違いということはないようです。

次の節分にも、豆を食べて一年の健康を家族で願いたいと思います!!

たくさん食べてもいいの?食べる時間は?


さて、節分の豆は、たくさん食べても良いのでしょうか?

子供などは、年の数だけでは足らずにもっと食べたいと毎年話しています。

ですので、我が家の子供が毎年食べる数は、年の数プラス5個ぐらいですね。

また、この節分の豆を食べたらよい時間は決まっているのでしょうか?

次は、この二点について紹介してみたいと思います。

節分の豆はたくさんたべていいの?

節分の豆はを年齢の数だけ食べるのは意味があって、年齢に応じた福を体に入れることが目的です。

ですので、やはり年齢に応じた数を食べるのが良いとされているようです。

節分の豆をたくさん食べても縁起が悪いとか、悪いことが起こるわけではありませんから安心してくださいね!

ただ、美味しいからと食べ過ぎるとお腹が調子悪くなったり、緩くなるので注意しましょう。

豆は、食べた後にお腹が膨れてしまうので、気分が悪くなったりしてしまいます。

節分の豆は、一年の健康を願うものなので、適量を美味しくいただきましょうね!!

節分の豆を食べる時間は決まっているの?

我が家では、節分の日の晩御飯後に主人が鬼役を毎年します。

鬼の面をかぶって子供たちが、「鬼は、外。福は、内」と、言います。
その後、年の数だけそれぞれ豆を食べています。

調べてみると、やはり豆まきは、節分の夜で合っているようです。

理由は、鬼は夜にやってくるからです。

鬼は、鬼門というところから来ます。

鬼門は、北東の方角に当たり、丑寅とも言います。

丑寅は、真夜中という意味でも有名ですよね。

ですから、鬼は夜にやってくるといわれています!!

そして、節分の豆は豆まきの神聖なパワーが宿っている内にいただくのが良いとされています。

ですから、やはり節分の夜に、豆まきが終わったらすぐに食べるのが良いようですね!

まとめ

伝統行事である、節分そこには色んな思いが込められていることが分かりました。

これからも、時代は変わっても良い伝統は受け継いでいきたいものですよね。

我が家でも、これらの伝統を頭に置きながら、節分を楽しみたいと思います^^

皆さんも、良い節分をお過ごしくださいね。