【赤ちゃん】夜暖房はつける?何度になったら暖房をつける?

赤ちゃんのために、夜は暖房はつける?

どれくらい寒くなると暖房をつけるべき?

寒い夜は赤ちゃんが寒くないか心配ですよね。

周りからは、エアコンでの暖房が一番便利で、快適だという声を多く聞きます。

最近は、エアコンの質がとても良くなっています。

寒い夜は、赤ちゃんのために、エアコンをつけっぱなしにしておくべきなのか?

暖房の温度設定についてや、目安について紹介していきます。

赤ちゃんのために、寝る時は暖房をつけっぱなしにするべき?

スポンサーリンク



赤ちゃんのことを考えて、夜寝るときは暖房をつけっぱなしにしても良いのでしょうか?

健康面では、やはり気を付けたほうが良いようです。

暖房のつけっぱなし、健康面で以下のようなデメリットがあります。

①乾燥する

暖房の機能をつけっぱなしにすると、まず気になるのが乾燥ですね。

ただでさえ乾燥する冬場なので、気を付けた方がいいでしょう。

暖房をつけて寝るときは、赤ちゃんのベットの近くに濡れたタオルを干したり、加湿器を用意しておきましょう。

赤ちゃんは、敏感なので気を配ることを大切です。

②ウイルスによる感染

エアコンによる暖房で、気を付けたいのはカビです。

カビの生えているのを知らずに使用していると、送風機能で部屋中にカビを巻いてしまいます。

赤ちゃんにとっては、ぜんそくや風邪の原因になるので気を付けましょう。

子供が小さいうちは、日ごろからこまめにエアコンを掃除することが大切です。

③温度調節が自分で出来ない。

寝ているときは、布団の中にすっぽり入っているのでそれだけで十分快適です。

そこに、暖房をつけることで布団を蹴り飛ばせない新生児は、体温が上がりすぎて汗をかいてしまいます。

また、動ける年齢となれば暑さで布団を蹴り、寝冷えの原因になってしまいます。

このように赤ちゃんの寝る時に暖房をつけっぱなしにするのには、あまりおススメできません。

なるべく暖房に頼らずに、子供の体温調節ができるように快適にしてあげたいですね。

といって・・やはり寒い!寒すぎて眠れない!

そんなときはエアコンを使うのもいいでしょう。

温度調節をしながら上手にエアコンを活用したいですね。

暖房の設定温度は?何度になったら暖房をつける?

一般的に、赤ちゃんがいる家庭での就寝時のエアコンの設定温度は、18度~20度と言われています。

この温度の理由は、赤ちゃんが自分で体温設定することが難しいので室温を常に一定に保つことにあるようです。

冬場は、厚手の布団をかけているのでそんなに温度を上げる必要はありません。

大人が少しひんやりと感じるくらいが赤ちゃんには適温です。

18度くらいの室温なら布団の中では十分暖かいので、洋服を重ねて着せるなどの必要以上の厚着は必要ありません。

また、湿度も大事です。

40%~60%を維持するようにしましょう!!

基本的に赤ちゃんが過ごす部屋は、寝る際の温度の時より少し上がり20度から23度といわれています。

この温度が赤ちゃんには最適なので、なるべく20度を下回る温度の時は暖房をつける様にしましょう。

冬場は室体が冷えすぎてしまわないように見守ってあげましょうね。

また、暖房で20度から23度の設定にしても実際の室温や体感温度との開きがあるので気を付けましょう。

エアコンの近くと部屋の出口の近くでは同じ部屋でも温度が違います!

赤ちゃんの枕元に、室温計を用意しておき、常にチェックしておくほうが安心ですね。

暖房に近い赤ちゃんは注意しましょう。

温風が顔や身体に当たって思いがけず温まりすぎていないか、気を配るようにしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんとの冬の生活に欠かせない暖房。

特に新生児は、同じ環境で長く過ごすので快適にしてあげたいですね。

快適な適温で暖房を使い、加湿器などもうまく使い冬を乗り越えていきましょう!