【一年生朝泣く】集団登校に間に合わない!学校を嫌がる子供の心理と解決策

4月は、今年もピカピカの1年生がたくさん誕生する季節ですね。

親子ともに、春を楽しみにされている方も多いと思います。

しかし、小学校入学が始まると心配なのが学校に登校する時に泣いてしまうことです。

家や集合場所に行くまでに泣いてしまって集団登校に間に合わないことも、あるかと思います。

今回は新一年生が、泣きながら登校する心理と原因と解決策、親が子供にできることについてご紹介したいと思います。
どうぞ、ご参考になさってください。

泣きながら登校する心理と原因は?

スポンサーリンク



朝起きて朝食を食べるまでは元気だったのに、登校の時間が近づくとぐずりだすなどして、最後は、しゃがみこんで泣いてしまう子供は多いと思います。

一年生の内には、よくあることだと思います。

我が家の長男もそうでした。

私も心配しましたが、理由は新しい環境に適応するまでの間に起こる不安からくる出来事でした。

これといった理由はないようで、不安という漠然とした怖さに泣いていたようでした。

小学一年生の子供だけではなくて、人間は新しい環境になると大変ストレスを感じますものね!!

我が家の息子も最初の2週間だけ泣いていましたが、様子を見守っていくとその後は登校班のお兄さんに連れて行ってもらうことに慣れ、笑顔も見えるようになりました。

やはり今思い返してみても、小学一年生の小さい子供は余計に不安をかかえてしまうんだなと感じます。

だから、小学一年生が朝泣いてしまう理由としては新しい環境に馴染めていないというのが最大の原因だと思います。

小学校に入学したばかりなのに、学校が嫌だったり周りの子にいじめられるなどの原因は考えにくいので新しい環境になれていないことから来るものだと思います。

解決策は?親が子供にできること

子供が朝泣きながら登校する場合の解決策として、親が子供にできることとはどんなことがあるでしょう。

①登校の集合場所まで親も一緒に付いて行ってあげましょう。

新しい環境に馴染めていないから、子供は不安でママがそばにいてほしいのです。

入学当初は集団登校の場合が多いはずです。

学校までついていく、、までは行かなくとも、みんなと待ち合わせている場所までは、はじめの頃は一緒にいってもいいかもしれません。

慣れていけば、少しづつ子供のほうから一人で行くようになってくれるはずです。

子供の成長は個人差があるので、たとえ成長が他の子よりもゆっくりでも焦らず、自分の子供の成長スピードに合わせてあげてもいいかもしれません。

②学校の担任の先生に事情を話しましょう。

先生もしっかりと話をしておけばフォローしてくれます。

1学期の始めに、個別懇談や家庭訪問があるはずです。

その際に心配なことを、先生に打ち明けておきましょう。

③子供の話をちゃんと聞いてあげましょう。

小学校から子供が帰ってきたら話をちゃんと聞いてあげて子供を支えながら見守ってあげましょう。

このようにしながら、徐々に自分の力で学校に行けるようにしてあげましょう。

最初泣いてしまう子供は、一年生では本当に多いことなので過度に心配をせず子供の背中を見守ることが大切です。

間違っても「なんで、小学校に行かないの!」と怒ったり、「いつまでも泣かないで」と注意したりはしないでくださいね!!

子供の不安な気持ちをくみとってあげて少し長い目で見てあげてください。

まとめ

新一年生で、泣きながら登校する子供の心理と解決策についてご紹介しました。

私も長男が小学校に入学した4年前を思い出しました。

長男も登校班に朝間に合わないこともありました。

私もどうしようかと、困ることがありました。

しかし、それも登校班のお兄さんや先生、それに時間が解決してくれました。

きっとその時は、悩みますが心配はそんなにしなくても大丈夫です。

そのような場合には、「家の子にもそういう時期が来たんだな」と考えて見守ることが大切です。